診療案

レーザー治療について

隈元歯科医院では、炭酸ガスレーザー治療を診療に取り入れております。

 

レーザー治療は安全で痛みが少なく、傷の治りを早くしてくれる効果や殺菌効果があります。

また、治療後の副作用はありません。医療の分野でレーザーは人体に対する安全性は確立されており、全身疾患をお持ちの方や妊婦さんにも使用できるのが特徴です。

 

実際に炭酸ガスレーザーは、どのように使用するの?

①口内炎の治療・・・痛い口内炎。炭酸ガスレーザーを照射すると、あてた瞬間から痛みがなくなり、早く治すことが可能。

②歯周病の治療・・・歯肉が炎症を起こして腫れている場合、麻酔をせずにレーザーを照射することで腫れが早くひき、同時に痛みを少なくすることができます。

③根管治療・・・神経の治療では、神経をすべて除去し、さらに細菌も死滅させなければなりません。レーザーを根管(神経の穴)にあてることで細菌を取り除き、治療の成功率が上がります。

④メラニン除去・・・歯肉が黒く着色している場合、炭酸ガスレーザーを応用することで痛みを感じさせることなくメラニン色素を除去し、きれいな歯肉へと変化させることができます。

⑤知覚過敏・・・フッ素と炭酸ガスレーザーを併用することでしみるのを抑制します。

⑥止血・殺菌・・・抜歯後の止血や殺菌に使用します。